知っておきたいレギュラーコーヒーの基礎知識

レギュラーコーヒーとは、焙煎したコーヒー豆を挽いた状態にした製品のことで、主にインスタントコーヒーと区別するときに使われる用語です。

また、銘柄やブレンド法とは関係ありません。
インスタントコーヒーとの違いについては、より本物の味が楽しめるということだけではなく、まず製品としての状態が異なるということが挙げられます。

利便性を重視したgoo ニュース情報をまとめてチェックしよう。

まずインスタントコーヒーは、焙煎したコーヒー豆から抽出したものを乾燥させ、粉末化した製品を指します。そしてインスタントは、お湯を注ぐだけ(お湯で溶かすだけ)で飲めるようにすることを目的にしています。


一方のレギュラーコーヒーは、焙煎したコーヒー豆を挽いただけのものを製品化したコーヒーなので、インスタントのようにお湯を注ぐだけではなく、コーヒーを抽出するための専用の器具が必要になるという違いがあります。
レギュラーコーヒーをいれるときに必要な器具としては、コーヒーメーカーやドリッパーが挙げられます。
一番手軽なのは、ドリッパーと呼ばれるロートの役割をする簡易的な器具を使う方法であり、そのドリッパーにペーパーフィルターを装着してコーヒーを抽出するというやり方です。

ドリッパーとペーパーフィルターは、スーパーなどでも販売されており、安価な値段で購入することができます。



レギュラーコーヒーは、専用の器具が必要になるなどの手間がかかりますが、インスタントコーヒーでは味わえない本物の味を楽しみたい人に向いていると言えるでしょう。